ダイエット

万能健康飲料酵素ドリンクの力|置き換えても良しただ飲んでも良し

女性

腸を冷やしすぎない

生きていく上で、腸内環境を整えることは美容や健康面にとっても非常に重要なことです。特に冷えは腸内環境にも影響してしまい、そこからさまざまな病気のリスクが大きくなってしまうこともあります。腸内環境を整えるためにもまずはお腹を中心に冷やさないような工夫が必要です。冬は特に寒いので、暖かい服装を心がけ、時は腹巻やカイロなどを使用すると良いでしょう。またできるだけ温かいものを食べたり飲んだりして、胃腸を冷やさないようにすることが大切です。夏は暑いのでどうしても氷の入ったものなど冷たいものを食べたり飲んだりすることが多くなってしまいます。しかし、冷たいものを摂りすぎると腸内環境の働きが悪くなってしまいます。夏でも冷たいものの摂りすぎには注意をして、腸内環境を整える意識を持って生活したいものです。

発酵食品で乳酸菌摂取

腸内環境を整えるのに有効なのが乳酸菌を摂ることです。発酵食品は乳酸菌が含まれていて、腸内環境を整えるための重要な働きをしてくれます。発酵食品として代表的なものにヨーグルトや納豆、漬物類などがあります。中でも植物性乳酸菌は生命力が強く、腸までしっかりと届いてくれます。腸内環境を整えるには腸内の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やしていくことが必要です。乳酸菌はその作用を行ってくれ、腸内環境を整える重要な働きをしてくれます。最近は健康食品で乳酸菌を摂取できるものもあります。毎日の食事だけでは乳酸菌摂取が難しい場合は、健康食品を活用するのも良い方法です。毎日の食生活で腸内環境を整える工夫をして、美容と健康に良い生活を送るようにしたいものです。